JKおさんぽは女子高生にコスプレしてお散歩するバイトです

東京には10代後半~30代くらいの女性を対象とした、変わったお仕事がいろいろあります。なかでもJKおさんぽは、女子高生も参加しているという変わった池袋エステバイトの一つです。池袋で人気のJKおさんぽのバイトは、どんな仕事内容になるのかを見ていきましょう。

JKおさんぽは男性客を相手にして、池袋の街をおさんぽすることを主目的としたバイトです。以前は女子高生がJKおさんぽの主役になっていましたが、最近では現役女子高生はこのバイトをすることが禁止されています。女子高生ではない女性が、女子高生の格好をしてバイトをしていますので、20歳以上の女性でもはじめることができます。池袋の街角に立って通行する男性に声をかけて一緒にさんぽをしたり、お店で添い寝カフェのようにして、添い寝やリフレをするといった仕事内容となります。

おさんぽのコースは池袋だけでなく、池袋から行ける範囲内なら可能ですが、危険性のあるような場所に向かったりはしません。時間は30分か1時間のコースで、池袋の街を歩いたりどこかのお店や名所に寄ったりということをします。お店としてはカラオケやネットカフェに2人でいくということもあります。店内での添い寝やリフレといったことは、すぐにやり方は覚えられる軽作業です。

女子高生は卒業してしまったけど、女子高生の格好にコスプレをして、なりきってみたい人が歓迎されます。また、男の人との池袋デートを楽しみたいというフリーな女性にもおすすめできるバイトです。